活動概要

赤鼻塾の概要について、ご案内します。
学び+エンターテイメント=楽しい学習

私たちは学校を卒業してからも、一生の間にいろいろなことを学び成長していきます。
私たちは大人になっても人間的成長への学びの欲求があります。しかし、それは先生が一方的に「教える」のではなく、市民がお互いに「学びあって」いく、つまり、自分で考え行動する力を育む「市民の、市民による、市民のための学び」です。楽しみ、憩い、充電していく、また刺激を受けたり与えたり!?そんな出会いと学びの場です。(=学びエンターテイメント)

社会問題という怪獣が相手だ!

活動理念

当塾は、地震などの大規模災害から「北海道を守る」「子だもたちの笑顔を守る」をモチベーションに「NPO北海道防災教育研究センター」を設立しました。さらに、大学で教職を学び、ストリート・ティーチャーによるお笑いパフォーマンスに培われた経験を生かし、学校では教えられない次世代の学習セミナーで皆様の笑顔に貢献したいと願っています。受講生様には成功体験を保証します。
人を助ける、サポートする、社会の役に立つ広義の「レスキュー(救)」。知的好奇心の要求に応え、難しいことを簡単にし、問題解決能力を高める「学び」。そして、人生を大いに楽しみ、免疫力を高め、健康に良いとされる「お笑い(笑顔)」の三つを活動理念にしています。どんな時も「レスキュー、学び、お笑い」を持ち「利他の精神」で社会に貢献することを使命としています。

※活動費はすべて個人・法人様からの寄付によって運営しています。

活動概要

活動団体名赤鼻塾(非営利活動任意団体)2012年7月設立
代表者藤澤 誠(ふじさわ まこと)
所在地北海道江別市野幌若葉町86‐18 
お問い合わせTEL 090-1645-2747
FAX 011-386-5049
活動内容・防災教育プログラムの開発/啓発活動  防災出前授業/防災職員研修 
・水辺の安全管理事業 「海水浴場のライフガード業務」
・講師業務 大学講師「地域と都市防災」/「養護学校教師」/「コーチング・コミュニケーションセミナー講師」
取引銀行北洋銀行野幌中央支店

代表者プロフィール


防災の赤鼻センセイ

ストリート・ティーチャー

藤澤 誠(ふじさわ まこと)






現役教師、元ボクサー、元美容師(キャリア26年・美容室経営歴17年)

星槎大学共生科学部共生科学科卒
教師、コーチ、カウンセラー、サーファー、ライフセーバー、さらにお笑い芸人?!

社会娯楽活動家


北海道江別市出身。星槎大学共生科学部卒。高校中退後上京、プロボクサーとして将来を嘱望されるも眼を負傷し挫折。その後美容師美容室経営を経て50歳で特別支援学校の教師となる。2011年の東日本大震災をきっかけに教育者として震災からの教訓を風化させてはならないと防災を学習する。ボランティアで活動しているライフセーバーの技術と精神を生かし、20127月にNPOの私塾を立ち上げ、北海道に不十分であった冬季防災対策と市民の防災への意識と技術を高める教材の研究と講演活動を始める。以降、遊びながら学ぶをテーマに、笑いが絶えない楽しい防災を伝える出前授業や職員研修の依頼を受け多数開催している。


「赤鼻塾のはじまり」

教師を志す中で2011年に「3.11東日本大震災」が発生する。人として、教育者として、私はこの未曾有の大災害から学ばなくてはならないと強く感じました。つまり風化させてはならないと。そこから私にできることは、ライフセーバーとしての技術と精神を生かして防災学習に取り組むことでした。学びを続ける中で北海道の冬の防災への取り組みが不十分であることを知り、それまで趣味で楽しんでいた「冬キャンプ」が冬の防災訓練になると気づき、連泊を想定した「防災冬キャンプ」の研究と啓発普及活動を始める。2011年当時、冬の災害時に有効な対策は他にありませんでした。この事実は北海道教育大学札幌校の佐々木貴子教授も認めるところです。そこで僕は、防災冬キャンプの啓発普及活動を筆頭に、市民に対して防災への意識と技術を高めることをミッションとする「NPO北海道防災カレッジ 赤鼻塾」を2012年に一人で設立しました。現在は協力者(スタッフ)も増えています。2016年10月NPO北海道防災カレッジから、NPO北海道防災教育研究センター赤鼻塾へ活動名称を変更。

「あなたに知ってほしいこと」(銭函での活動は2016年シーズンで終了しました)
さらに、子どもの笑顔を守る、小樽市銭函の海から子どもの水難事故ゼロを実現する水辺の安全管理NPO銭函ライフセービングクラブを2014年8月より活動を始める。
銭函の海水浴場区域外は、子どもの水難死亡事故が毎年発生しているにもかかわらず、未だ十分な対策は取られていません。この、誰も何もしない現状に我慢できず、私はたったひとりで立ち上がりました!背景には、JR銭函駅から海まで歩いて5分程と近く、札幌からの中学生や高校生が保護者を伴わずに、子どもたちだけで気軽に遊びに来れる環境となっています。ゆえに、水難事故で亡くなるのはいつも「札幌の子ども」だということを知ってください。このことについて、札幌市、教育関係者、市民はいかがお考えか?子どもは未来の宝です北海道の将来を考えたら本気で子どもたちの命と健康を考え守っていくべきではないでしょうか。道の関係者、知事、知事候補はいかにお考えか。大人の役目ってなにか考えたことはあるだろうか?「よその子も、我が子とおなじ可愛い子」です。
銭函ライフセービングクラブは、現時点どこからの援助もなく無給無援で活動しています。海上パトロールでは機動力のあるマリンジェットを自費購入し、維持管理費やクラブ員のお弁当も支給しなくてはなりません。皆様のご理解とご支援ご協力をよろしくお願いします。なお、私たちの活動後の2014年8月以降は死亡事故はおろか水難事故そのものが発生していません。今後も水難事故ゼロを実現する。その絶対の自信がある。私たち銭函ライフセーバーにお任せください
!!

実績

2014年8月よりたった一人で活動を始める。水難事故ゼロを実現。

2015年7~8月の小学校の夏休み期間毎日、水難事故ゼロを実現。女子メンバー1名増えました。

2016年7~8月土日のみ活動。水難事故ゼロを実現。銭函海水浴場区域外でのすべての活動を終了。

2017年 苫前夕陽ケ丘ホワイトビーチにてライフガード活動。水難事故ゼロを達成。

2017年9月 小樽海上保安庁より表彰を受ける(水難行方不明者の捜索活動に対して)

2018年7月~8月上旬 苫前町夕陽ヶ丘ホワイトビーチにてライフガード活動。




「赤鼻塾」主な研究・啓発 活動実績


☆防災出前授業/職員研修実績

 ・防災教育普及協会主催「防災ゲームDay2018 in そなエリア東京」

 ・株式会社 日星電機「安全大会~ひなんくんれんゲーム」札幌市 2018 

 ・「愛する人を守るために~ひなんくんれんゲーム体験会 in 札幌エルプラザ」2018

 ・美唄市役所 地域包括支援センター主催 職員研修「Doはぐ」2018

 ・上川管内社会福祉協議会主催 職員研修「愛する人を守るために」旭川市2017

 ・防災教育普及協会主催「防災ゲームDay2017 in そなエリア東京」

 ・新ひだか町社会福祉協議会主催・町立山手小学校「みんなで、まなぼうさい」2017

 ・江別市立野幌小学校「みんなで、まなぼうさい」2016

 ・江別市野幌公民館「冬に役立つ防災サバイバル術」2015

 ・夕張市南の沢中学校「ゆうばり防災交流会~防災冬キャンプのすすめ」2015

 ・栗城史多 講演会「NO LIMIT限界を超えて~防災冬キャンプのすすめ」江別2014

 ・「かわはら先生の原発出前授業~防災冬キャンプのすすめ」江別市野幌 2014

 ・江別市野幌公民館「防災冬キャンプのすすめ・セミナー」2014

 ・「避難訓練ゲームと防災冬キャンプのすすめ in 札幌エルプラザ」2013

☆防災冬キャンプ体験会 実績

 ・3.11から学ぶ防災冬キャンプ in 江別 泉の沼公園2018 

 ・3.11から学ぶ防災冬キャンプ in 新ひだか町静内花園公園2017

 ・3.11から学ぶ防災冬キャンプ in 江別 湯川公園2017

 ・3.11から学ぶ防災冬キャンプ in 新ひだか町静内2016

 ・3.11から学ぶ防災冬キャンプ in 江別 泉の沼公園2016

 ・3.11から学ぶ防災冬キャンプ in 江別 泉の沼公園2015

 ・さっぽろ防災冬キャンプ in 札幌テレビ塔2015

 ・3.11から学ぶ防災冬キャンプ in 江別 泉の沼公園2014
☆NPO銭函ライフセービングクラブ(ライフガード業務)

 ・とままえ夕陽ケ丘ホワイトビーチ2017(苫前町)ライフガード業務

 ・小樽市銭函海水浴場及び近隣の水辺の安全管理業務(2014、15、16年度)

 ・江別市教育委員会非常勤職員(小学校夏休みプール施設・安全管理責任者)平成26年

☆講師実績
 ・道立特別支援学校教諭

    2014 北海道美唄養護学校

   2015~16 北海道平取養護学校静内ペテカリの園分校

     2017 北海道雨竜高等養護学校

 ・求職者支援訓練学校(厚労省指定)

  2013 札幌エルム共育学院「コミュニケーションスキル」「ビジネスマナー」
   2013~15 あずみ福祉カレッジ「
職業能力基礎講習」「応急手当」

 ・さっぽろ市民カレッジ

    2012 「冬に楽しむレクリエーション」 /  2013「家族を救う!防災ゲーム」

 ・2012苫小牧の自然を守る会主催「ボルネオのオランウータンを救え!遠く離れた私たちにもできることがある」  

 ・苫小牧アート・フェスティバル出演:ストリート・ティーチャー:「愛の反意語」2012、2013

 ・メロウトロンVOL.0出演:ストリート・ティーチャー活動:「愛の反意語」2011

☆学びエンターテイメント・イベントプロデユース実績
 ・さっぽろ焚火カフェ 銭函海水浴場キャンプ場 2014

 ・手ぶらキャンプDE異業種交流会「キャンプで逢いましょう」江別市野幌2014

 ・さっぽろ異業種交流会 「一期二会」運営 札幌エルプラザ2013

☆ライブ・マネジメント実績

 ・海の日ライブ in 銭函2016(出演:IN THE WIND) 2016

 ・静内フォーク祭り IN THE WIND LIVE (静内 シージージーカフェ)2015

 ・IN THE WIND野外ライブin江別 2014

  他、多数


専門領域  防災教育(アウトドア寒冷地防災学:冬季防災対策)/特別支援教育/

        コーチング


所属学術学会  日本雪氷学会/日本安全教育学会/日本環境教育学会(2018~)


学術学会研究発表実績/論文著書

・日本雪氷学会「アウトドア寒冷地防災学から『冬季大規模災害時の避難生活を想定した防災冬キャンプの知識・技術・装備を明らかにする』(2018)

・日本雪氷学会「アウトドア・レジャーを北海道の冬季防災に活かす!アウトドア寒冷地防災学を構築する」(2017)

・日本安全教育学会「助けられる人から助ける人になる『ひなんくんれんゲーム』を提案する」(2017)


主な資格・免許

・教員免許 高校公民/高校商業/中学社会/特別支援学校一種

・認定エグゼクティブコーチ
・認定プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®

・認定キャリアコンサルタント

(以上、日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会)

・ワークガイダンス講習講師育成講座修了(独行法人神奈川職業訓練支援センター)
・社会福祉主事任用資格(厚生労働省)

・児童指導員任用資格(厚生労働省)

・ホームヘルパー2級(北海道)

・同行援護従業者養成講習修了(あずみ福祉カレッジ)

・全身性ガイドヘルパー養成講習修了(あずみ福祉カレッジ)
・ベーシック・サーフライフセーバー(日本ライフセービング協会)

・日本赤十字水上安全法救助員Ⅰ&Ⅱ(日本赤十字)

・日本赤十字救急法救急員(日本赤十字)
・水泳指導員基礎講習修了(一般財団法人さっぽろ健康スポーツ財団)

・小型船舶操縦士2級(国土交通省)

・海上安全指導員(海上保安庁)
・応急手当普及員(札幌市消防局長公認) 
・上級救命講習修了(札幌市消防局)
北海道地域防災マスター(北海道) 

・Doはぐマスター(北海道)

・ネーチャーゲームリーダー(日本シェアリングネーチャー協会)
・レクリエーション・インストラクター(日本レクリエーション協会)

・プロジェクトWILDエデュケーター

・プロジェクトWETエデュケーター

・焚火技能士3級(札幌ファイヤープレイス協会)

・危険物取扱者乙種四類(国土交通省)

・自動二輪(国土交通省)

・書道初段

・甲種防火管理者

・甲種防災管理者

・理容師国家資格

・管理理容師資格

・その他も多数免許・資格保有。現在も科目等履修生として大学に籍を置き、「誰もが笑って暮らせる、より善い社会」の実現のため教育・福祉・環境・経営学について統括的に研究中。

趣味:カイトサーフィン、トライアスロン、冬キャンプ、筋トレ、読書(自己啓発の井上裕之先生と爽やかな潮風を感じる喜多嶋隆の大ファン)

人生の師匠:マザー・テレサと坂本龍馬

FACE BOOK

ストリート・ティーチャー/ボクサーくずれ先生のブログ

防災の赤鼻センセイ ブログ(札幌発 起業・創業塾から改題)
Education   Rescue   Smile     【 教育 ・ 防災 ・    笑顔 】

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ先:
090-1645-2747
メールでのお問い合わせは
こちら

アクセス

所在地

北海道江別市野幌若葉町86‐18

アクセス方法

 

Powered by Flips
編 集